メンズ

耳障りな羽音にサヨナラ|蜂の巣を退治する前に習性について調べよう

危険性の高い蜂

家

蜂には色々な種類がいますが、その中にはキイロスズメバチといった仲間がいます。キイロスズメバチは、スズメバチの中では体長としては小さい種類になります。働き蜂は17から25mm、女王蜂になると最大で28mです。体の色としてはオレンジ色と黒色で、黄色の斑紋が多いとされている蜂になります。体が小さいキイロスズメバチですが、大きな巣を作り直径が1メートルを超えることもあります。また、キイロスズメバチは獰猛な種類の蜂で、攻撃性や威嚇性が強いといえます。そのため、繁殖期とされる5月から9月は活発に活動をするため、巣に少しでも近づくと攻撃を受けてしまう場合があります。近年では、キイロスズメバチによる被害が増えています。一般の民家に巣を作り知らずの内に巣に近づいてしまい、刺されるケースも少なくありません。こういった被害を避けるためにも駆除をした方が良いでしょう。キイロスズメバチを駆除するのであれば、対応した業者に任せた方が最適です。知識や経験が豊富なプロの方が対応してくれるので、今まで蜂の巣で悩まれていた方も安心して生活が送れます。

キイロスズメバチの巣が巣を作るところとしては、雨や風をしのげる天井裏や換気扇、床下などになります。そのため、知らない間に巣が作られ時間が経つにつれて、どんどん巨大化していきます。まだ、巣が小さければ知識のある方であれば駆除できます。しかし、巨大化した巣となると処理が大変ですし、家族や近隣の方が刺されてしまう危険性があります。そういったリスクを避けるためにも専門の業者に任せましょう。